緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん

レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。 もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。

 

 

医療レーザー脱毛ドットコム
http://matome.naver.jp/odai/2140660499171473101



緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せんブログ:06 1 18

オレとママは顔がそっくり。
顔の他にも、声や話し方まで全てがそっくり。

小学生の頃、参観日のたびに
その事をクラスの男の子にからかわれて
とても嫌だった。

ママと似ていると言われるたびに、
オレはママに毒付いた。
やがて、参観日にママは来なくなった。
その事を最近まで思い出す事もなかった。

月日は経って、オレもママになった。
とても可愛い、男の子。
顔も手足の形も、爪の形も私にそっくり。
話し始めると、声も話し方もオレにそっくり。

「お母さんにそっくりね」
そう言われるたびにオレは、
嬉しくて嬉しくてたまらない!
そんなむすこが今年幼稚園に入園する。

参観日…とても楽しみにしている今の自分。
ふと、ママの顔が蘇る。

「今日、お母さんに似てるって笑われた。
恥ずかしいから参観日来て欲しくない!!」
オレは確か、
こんな事を参観日のたびにママに言った気がする。
5年生になった時、ママは参観日に来なくなった。

あの時、ママはどんな気持ちだったんだろう。
本当は先生の問いに
元気に手を挙げているところを、もっと見て欲しかった。
帰ったら、参観日で手を挙げたオレを
褒めてくれた優しいママだった。

恥ずかしかったから…
ただそれだけの理由で、
ママを拒否して傷つけてしまった。

むすこは、オレと似ている…性格も何もかも…
きっといつか言うだろう。
オレが母に言ったひどい言葉を…

それでも、
オレはその言葉に負けずにむすこを見に行く。
きっとむすこも、
本当の気持ちはオレと似ているだろうから…

オレは笑顔で参観日に行こうと思う。
そして、初めての参観日を終えたら、
ママに謝ろうと決めている。



ホーム サイトマップ