レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう



レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょうブログ:31 3 18


減量しよう!と一念発起した人の中には、
いきなり水泳とかジョギングといった負荷の重い運動を
始める方もいらっしゃるようです。

確かにこういった運動をやると、汗もかきますし、疲れますから
「減量やってるなあ」
という実感がわくかもしれませんね?

ところが減量というのは、
「1回にどのくらい激しい運動をしたか」ということよりも
「どのくらい継続して運動をしたか」
ということの方が重要だったりするんですよね。

実際、連日やっていないと、
運動の効果はどんどん少なくなっていくことが証明されています。

例えば、
1日おきに運動をしていても、
連日運動をしている人と比べると
その効果は1割減少してしまうそうです。

もし三日おきに運動しているというのなら
その運動における効果というのは
連日やっている人と比べると
実に半分になってしまうんですって!

1週間に一度しか運動していない場合には、
連日運動している人と比べると
その効率は、2割にまで減少してしまうという恐ろしいデータも…

ですから、激しい運動をやるというよりも、
簡単にできる運動を、
いかに連日続けていくことができるか
ということに重点を置くべきなのです。

例えば…
ウォーキングなら、電車通勤をしている人は、
最寄りの駅まで連日の日課になっているのではありませんか?

確かにウォーキングは、負荷は少ないかもしれませんし、
「運動をやった感」もないかもしれません。

でも、たとえ充実感を得られなかったとしても、
連日コツコツとやっていくことの方が、
かえって減量には効果的だったりするのです。

減量は、自分のペースでゆっくりとが基本なのです。

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう

★メニュー

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる
レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん
レーシックの費用をクリニック別で比較サイトで紹介されていますが、料金で選ぶのは後悔の元となってしまいます
レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのはレーシックという最新医療