レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう



レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょうブログ:17 4 17


今まで順調に育っていた6ヶ月になる女の子が
突然全く母乳を飲んでくれなくなったのは、
去年のお正月のことでした。

おっぱいを吸うどころか
「ギャーギャー」とかんしゃくを起こした様に泣き出し、
そんな日がふつかも続いていました。

お正月という事もあり、
かかりつけの産院も開いておらず、
知り合いの紹介で藁にもすがる思いで
車を60分走らせ、助産院に行く事になりました。

行ってみてびっくり、
その助産院の助産婦さんは、
八十八歳のおばあちゃんだったのです。

泣き叫ぶ女の子をぼくの隣りに寝かせ、
母乳マッサージをしながら、
ゆっくりとした口調でぼくに話しかけてきました。

「この子は何でこんなに泣いているのかわかるかえ?」
「たぶん、ウエストがすいているのだと思うのですが…」
「あんた、ふつか前、ライス何食べた?」
「えっ、ライスですか?」

変な質問するなぁ…と、
ぼくは疑問に思いましたが、助産婦さんは続けました。

「母乳はな、血液なんよ。
だから、お母さんが食べた物がエネルギーになり血になるんや、
それが母乳になり、赤ちゃんのライスになるんよ。
お母さんがみかんを食べ過ぎれば、オレンジ色の母乳が出るし、
カレーライスを食べれば、カレーライス味のまずい母乳になるんよ。
赤ちゃんは、おいしい、おいしくないが分かっているんよ」

その言葉に、ぼくは全身が凍りつきました。
確かにぼくはふつか前カレーライスを食べていたのです。

まさか、たった一度の食事で
ふつか間も女の子を苦しめていたなんて…

母乳マッサージを終え、
泣き叫ぶ女の子を抱き母乳を飲ませました。

あんなに嫌がっていたのに、
ぼくの目を見ながら、
女の子はウエストがぱんぱんになる位おっぱいを吸い、
すぐにすやすや眠り始めたのです。
レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう

★メニュー

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる
レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん
レーシックの費用をクリニック別で比較サイトで紹介されていますが、料金で選ぶのは後悔の元となってしまいます
レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのはレーシックという最新医療