レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう



レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょうブログ:10 11 13


わたくしは最近スポーツクラブに通い始めました。
主治医から運動を勧められたからです。

実は、かなり前から運動を勧められていたのですが、
そしてわたくしも運動をしたいとは思っていたのですが、
結構忙しい日々を送っているものですから、
「そんな時間なんて、とてもない」と思っていました。

でも、ようやく重いこしを上げました。

わたくしの場合、そうやって重いこしを上げた時には、
3日坊主の恐怖が襲ってきます。

何かの通信教育もそうだったし、英会話もそうだったし…
という過去が甦ってきます。

だから、今回はあえて
「やらなければ」という気持ちよりも、
「やりたくなったらやるだろう」と、
いつか動き出す自分を信じて待つという感じで、
主治医からの勧めを一旦横に置いてみたんです。

そうしたら、
やっぱり運動がやりたくなるようなきっかけがあって、
始めることにしたんです。

そのきっかけは、仲間がくも膜下出血で倒れた事でした。
まだ20代の、いかにも病気とは縁がなさそうな、
元気な、明るい、楽しい仲間です。

「なんで、あの仲間が…」という思いで一杯でした。

わたくしは、
人間の病気がこんなに人に悲しみを与えるものなのか、
と改めて思いました。

そして、
自分の体質を、自分の事を
もっと、もっと大切にしたい!と思ったのです。

幸い、倒れた仲間は順調に回復して、
後遺症も残らないだろうとの知らせが届きました。
ご家族の願いが、多くの仲間の願いが通じたんだろうなぁ…

さて、スポーツクラブでのわたくしはというと…
毎回ストレッチから始めるのですが、なんと体質の硬いこと!

トレーナーからしっかり見られていたようで、
「体質固いですね」と指摘されてしまいました。
そのお言葉に、わたくしは笑うしかなかったですね。

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう

★メニュー

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる
レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん
レーシックの費用をクリニック別で比較サイトで紹介されていますが、料金で選ぶのは後悔の元となってしまいます
レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのはレーシックという最新医療