レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう



レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょうブログ:05 1 15


シェイプアップしようと考える方は少なくないようですが、
同時にシェイプアップに挫折してしまう人も多いようです。

シェイプアップしようという意思があっても、
できないのには、もちろん理由があります。

おそらく早く結果を出そうという
意識が強すぎるのではないでしょうか?

シェイプアップというのは、
ご飯制限があったり、運動をしなければならないとか、
結構つらいことが伴うものです。

だからシェイプアップは、できるだけ早く
終了したいという意識が働くのでしょう。

すると、
かなり過激なシェイプアップをしなくてはならなくなります。
極端にご飯制限してしまうとか、過激な運動をするとか…

かく言うあたくしも一度、
シェイプアップで失敗してしまった経験があります。
あたくしの場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。

例えば、
今まで結構なご飯の量をとっていたにもかかわらず、
かなり食べる量を減らしました。

またシェイプアップには運動だ!ということで、
ジョギングを始めました。

いきなり10kmぐらいは走ったでしょうか…
普段から運動をやっている人なら
それほどきついシェイプアップメニューではないかもしれません。

ところがあたくしは、
今まで運動をほとんどやったことがありませんでした。

からだにかなりの負担をかけていたのでしょうね。

今まで、貧血で倒れるという経験はありませんでしたが…
ところがちょっとしたことで
フラッとくるようになってしまったのです。

そこからのペースを
ゆっくりシェイプアップするようにしました。
そのときのあたくしは、ちょっと無理をしていたようです。

あたくしのケースだけかもわかりませんが、
いきなりアクセルを目いっぱい踏むというのは
ちょっと危険かもしれませんよ。

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう

★メニュー

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる
レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん
レーシックの費用をクリニック別で比較サイトで紹介されていますが、料金で選ぶのは後悔の元となってしまいます
レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのはレーシックという最新医療