レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま



レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていまブログ:30 5 15


読者様は、
脳は、実際に体験したことと
頭の中でイメージした事の区別が付かない…って、
知ってました?

脳の中でイメージした事が、より具体的であればあるほど、
実際に体験したものとほとんど同じように「錯覚」するみたいなんです。

これを利用すれば、
あたかもダイエットに成功したかのように具体的なイメージを持てば、
脳も勘違いして、
ダイエットに対して恐れを抱かなくなるはずです。

おいらは、これが非常に重要だと思います。

つまり自分が
「ダイエットに成功した姿」を強くイメージすれば
それが実際に起こったことであるかのように脳が錯覚し、
そこに向かって進むことを阻害しなくなります。

だからこそ
「ダイエットに成功した姿」を思い浮かべて楽しい気分になることは
モチベーションの維持だけでなく、
からだ全体にとっても、
ダイエット成功に向けて進むために必要なことなのです。

自分も楽しい気持ちになることで
ダイエットを行う事が楽しくなりますし、
ゲーム感覚で進めることがダイエット成功の秘訣だと思います。

こんなことを思い浮かべたらいいんじゃないでしょうか?
「ダイエットに成功した自分ってどんな自分か?」
「ダイエットに成功しスリムになったら誰がどんな事を言うか?」
「ダイエットに成功したらどんなことをするか?」

これらを具体的にイメージして、
ワクワク楽しい気持ちを大事にしましょう。

「ダイエットを楽しむこと」
これがダイエット成功に最も重要な秘訣だと思うんですよ。
イメージの力って自分が思っているよりずっと大きいみたいですよ!

日々、楽しく頑張りましょう!
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま

★メニュー

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる
レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん
レーシックの費用をクリニック別で比較サイトで紹介されていますが、料金で選ぶのは後悔の元となってしまいます
レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのはレーシックという最新医療