レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま



レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていまブログ:28 5 14


一週間位前、
フリーで仕事をしている俺のところに、
大きな仕事の話が舞い込みました。

引き受ければ、
今の収入が倍ほどになるような仕事です。

だけど俺は24時間悩み込んでしまいました。

「嫁と子供のために、もっと収入を増やすために、
大きなチャンスだから引き受けるべきだ!」

「今、自分がやりたい仕事ではないし、
引き受けたら本当にやりたい事が出来なくなるぞ!」

心の中に二人の俺が居て、
身動き取れなくなってしまったんです。

家族の生活のために、
何よりも優先される「仕事」なのだったら、
もちろん引き受けて、収入を増やす事が正解です。

だけど、引き受けたら
今本当にしたい仕事が削られてしまう…

俺一人では答えが出せず、
思い切って嫁に相談しました。

長い時間、話し合いが続きましたが
嫁も答えが出せずにいました。

もちろん嫁にとっては、
収入は何よりも大切なものでしょう。

だけど嫁の心の中にも、
「主人にやりたい仕事をやらせてあげたい」
という気持ちとの葛藤があったのです。

そんな嫁の気持ちを知ったとき、
俺は「はっ」と気付きました!

今まで俺は、
自分や家族のために
「仕事」を優先してきたつもりですが、
本当はそうじゃなかったんだと…

いつも俺は、
自分がやりたいことを選択していただけだったのです。

それを嫁や子供に、
解ってもらいたいがために
「仕事」という言葉を使っていたんですね。

自分がやりたいことをやっていることに、
どこか後ろめたさも感じていたのでしょう。

そんな自分に気付いた俺は、
大きな仕事を断って、
やりたい仕事を優先することにしました。

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま

★メニュー

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる
レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん
レーシックの費用をクリニック別で比較サイトで紹介されていますが、料金で選ぶのは後悔の元となってしまいます
レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのはレーシックという最新医療