レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま



レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていまブログ:28 4 17


人は赤ちゃんを産むと両親馬鹿になる。
両親馬鹿は両親としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全てのママたちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

ママであるなら
我がお子様がどんな体質で産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それはママとして当たり前の反応なのである。

これが旦那になると
両親馬鹿に余計に拍車がかかる。

女の子が歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
息子がボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

旦那は自分で妊娠や出産をしていないために、
妻が思っている以上に両親馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
妻も旦那も両親馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

お子様にとっては
両親が両親馬鹿になってくれるからこそ、
お子様は脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えばお子様が一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だからお子様は脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしも親父もママも
「お子様が一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
お子様は脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

両親が両親馬鹿になってしまうのは、
お子様が非常に可愛い顔をしているからである。

実はお子様が非常に可愛い時期と、
両親が両親馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

お子様が非常に可愛いからこそ
両親の理性のタガが緩んでしまい、
両親はお子様をとことん可愛いがることによって、
お子様は脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま

★メニュー

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる
レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん
レーシックの費用をクリニック別で比較サイトで紹介されていますが、料金で選ぶのは後悔の元となってしまいます
レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのはレーシックという最新医療