レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま



レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていまブログ:10 7 17


わたくしと祖母には、
遠い昔に因縁の対決がありました。

それは、
わたくしが5歳になるかならないかの頃、
4歳上の姉貴と一緒に祖母の家にお泊りにいった時のこと…

わたくしにとっては、
生まれて初めてのお泊りで、
ウキウキしながら行ったはずの祖母の家なのに、

18時になるにつれて、あたりは暗くなり
玄関に置いてあるお面が黒光りし、
だんだん怖くなって家に帰りたくなります。

とうとう、耐えられなくなったわたくしは、
「うえぇ~ん、家に帰る、このうち怖ーい!」

こうなったら、居てもたってもいられません。
もちろん、そこにいる保護者である祖母は
出て行こうとするわたくしを必死に止めます。

しかし、その時のわたくしには、
「怖いところに押しとどめようとする鬼ばば」
にしか見えません。

大人になった今なら、止めて当たり前だと思うのですが、
出ていくことに必死のわたくしは、
とうとう暴言をくちにします。

「おばあちゃんなんか大嫌い!!」

わたくしにそう言われて、本気を出す祖母、

「わたくしも、あんたのこと好かんわね、あんたなんか泊りにこなくていい!」

ガーン、幼かったわたくしにはショックな一言でした。
結局、泊まらず
母に迎えに来てもらって家路についたのでした。

それから20年以上、
わたくしは祖母の家には行くけども
どこか近づきにくい存在になっていました。

おそらく、祖母に嫌いと言ったわたくしは
好かれるわけがないというのが
心のどこかにずっとあったようです。

それまでのわたくしは、
拒絶されることが怖くて、
祖母の顔をよく見ることができませんでした。

20数年間怖くて見ることが出来なかった祖母の顔は、
とっても愛おしい表情でした。

わたくしは今までもったいなかったなと思いつつ、
勇気をもって顔をあげることができて
よかったなと思っています。


レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま

★メニュー

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる
レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん
レーシックの費用をクリニック別で比較サイトで紹介されていますが、料金で選ぶのは後悔の元となってしまいます
レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのはレーシックという最新医療