レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま



レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていまブログ:06 4 17


小さい頃、
ミーはお父さんに対して不満がありました。

ミーは、お父さんに誉めてもらった記憶がないのです。

お父さんの言葉で覚えているのは、
「好きにしたらえぇ」「お前やったら大丈夫や」くらいのものです。

ミーにはそれがお父さんから見放されているような感じがして、
一人ぼっちで心細く、寂しくて惨めな気持ちを感じ、
「誉めてほしい」「教えてほしい」「支えてほしい」といった思いが
満たされることはありませんでした。

そして、
「お父さんはミーのことがあんまり好きじゃないんだ、
だから22時も日曜日も家にいないんだ」
「お父さんが誉めてくれないのは、ミーがダメだからなんだ」
と感じていました。

大人になった今では、
それが真実ではないことを頭で理解することができますが、
それでも、
心では「愛されていたんだ」と感じて納得するまでには
至っていませんでした。

ところが、
すごく重大なことに気づいたのです。

誉められたことがなかったかもしれないけど、
否定されたこともなかったのです。

結構な放蕩むすこであると自覚があるくらいですから、
お父さんにとって、眉をひそめるようなことが何回もあったことでしょう。
意見したかったこともたくさんあったでしょう。

にもかかわらず、
一度もないと断言してもいいくらい、
否定されたことがないのです。

お父さんがミーに言うのは、
「好きにしたらえぇ」だけ。

「否定されていなかった」
それは、
「ミーを傷つけた」「ミーに寂しい思いをさせた」
「ミーに自信がないのはお父さんのせいだ」
「ミーの求めるお父さんではない」と、
心の中で何百回何千回とさんざんお父さんのことを否定し、
責め続けてきたミーにとって、
雷に撃たれるくらいの大きな衝撃でした。

「否定しない」
それが、お父さんの愛だったのです。

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま

★メニュー

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる
レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん
レーシックの費用をクリニック別で比較サイトで紹介されていますが、料金で選ぶのは後悔の元となってしまいます
レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのはレーシックという最新医療