妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません



妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありませんブログ:30 1 17


これまで長年培ってきた味の好みを
すぐに変えることはとても難しいことと思います。

こってりしたものや味の濃いものが好きな人、
甘いものが大好きな人など、
減量の大敵とわかっていても
なかなかやめられませんよね。

糖尿病の治療で食べる事制限を行なうときは、
2週間という目安で
食べる事の味付けや内容などを少しずつ変えていくそうです。

2週間かければ、
だんだんとあっさりした味に慣れることができるんだそうです。

高カロリーの食べる事が好きな人は、
減量を始めるまえに、
まずは2週間、低カロリーで
あっさりした食べる事を摂るように心がけましょう。

調理の仕方や工夫次第で、
食べる事のカロリーや油分は減らすことができますよ。

その際にぜひ活用してもらいたいのは…
まずは、カロリーブックです。

カロリーブックは、
いままで何も考えずに食べていた食べる事が、
ものすごい高カロリーだったということを気づかせてくれます。
これまでの食生活を見直すのにとても役立ちます。

それから、毎日食べたものをメモする日記帳です。
自分がその日に食べたものを日記につけることで、
どれだけカロリーを摂取したかがよくわかります。

なので、食べたものすべてを日記に書くことで、
間食をしたくなったときに
ちょっと我慢しておこうかなと抑えることもできるんです。

減量をするには、
食べものの好みや味の好みを変えていくことが大切です。

あっさり味に慣れると、ほとんど味付けをしなくても
素材の味だけで充分おいしく食べられたりします。

いろいろな素材を自分で食べやすいように工夫して、
減量が楽しみながらできるといいですね。

―地球滅亡まであと427日―
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません

★メニュー

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる
レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん
レーシックの費用をクリニック別で比較サイトで紹介されていますが、料金で選ぶのは後悔の元となってしまいます
レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのはレーシックという最新医療