妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません



妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありませんブログ:23 11 14


今日はなんとなく思った事を書きますね

ダイエットをしていると、
頑張ってもなかなか体重が減らなくなる、
停滞期というものに出くわします。

それまでは順調に体重が減っていたので、
どうしてもやる気が下がってきてしまうもんです。

ダイエットを失敗する大半の人がこの時期に、
自暴自棄になり、やけ食いをしてしまったり、
ダイエットを諦めてしまって、
せっかくの努力を水の泡にしてしまうんですよね。

でもね、
停滞期もいずれは終わるんですよ!
そして、また体重が減り始めるんです!
つまり、この時期をいかにして乗り切るかが
ダイエット成功への鍵となるわけなんですね!

停滞期を上手く乗り切るために、
ミーは、何か楽しいことに没頭するようにしています。

ダイエット以外のことに没頭して、
停滞期のことを忘れることが出来れば
イライラせずに楽しく過ごせますよ!

停滞期が終わるのを何もせずに待っていると
まだかな、まだかな…と焦って、
一日一日が長く感じてしまいますからね。

もし何も没頭するものが無い、
見つからないというのであれば、
ファッション誌を見ることをお勧めします。

ダイエットに成功して、
痩せたらこんな服着たいなとか、
こんな髪型したいなとか、
想像するだけで楽しくなりますよ。

それに、
ダイエットに対するやる気も一段と強くなりますよ!

停滞期は、体が痩せるための準備期間なんです。
停滞期があるからこそ、
健康的なダイエットができるんです。

この時期を乗り切れば、
ダイエットは次のステップに進みます。

停滞期を乗り切るコツは、決して諦めないことです。
ダイエットのことを忘れられるような、
没頭できることを探して、
上手に、楽しく停滞期を乗り切りましょうね!

今日は、ここまで。
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません

★メニュー

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる
レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん
レーシックの費用をクリニック別で比較サイトで紹介されていますが、料金で選ぶのは後悔の元となってしまいます
レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのはレーシックという最新医療