妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません



妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありませんブログ:04 10 15


減量って、
どうしてもツライというイメージが伴いますよね?

大好きなスナック菓子も我慢したり、
きつい運動をしなくちゃならないとか…

だからできるだけ早く
減量をクリアしたいと思ってしまいがち。

しかし、ぼくたちのからだって
なかなか言うことを聞かないもの…

特に女性の場合には、ひと月に一回の特定の
時期にはやせにくくなるみたいです。

生理の前後というのは、
脂肪を溜め込もうという傾向が強くなりますし、
代謝の力も悪くなってしまいます。

つまり、太りやすくやせにくいからだになっているんですね。

減量をしようというのに、
なぜこのような事態が…と嘆きたくなる気持ちもわかります。
しかしこればっかりは、どうにもならないことなんです。

大体生理の1週間前から、
やせにくい時期に突入するといわれていますので、
減量を頑張っているのに、
体重が落ちなくなったとしても
あわてる必要はありません。

「例の時期がやってきたんだな」
というくらいの軽い気持ちでいることが肝心!

そして、
減量中のプログラムを
変えてはいけません。

生理の期間を過ぎれば、
再びもとの状態に戻ります。

体重が落ちないからといって、
あせって過激な減量に
挑戦するのはやめましょう。

体重が落ちないというのは確かに
減量をしている人にとっては、
大きなプレッシャーとなります。

もしかすると、ぼくが悪いのでは?
と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

でも、
もし体重が落ちない時期が、生理とリンクしているのなら、
別に心配する必要はないのです。

減量はすんなりと
成功するものではありません。

山あり谷ありで、挫折することなく
続けることが一番重要なのです。

EDTA

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません

★メニュー

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる
レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん
レーシックの費用をクリニック別で比較サイトで紹介されていますが、料金で選ぶのは後悔の元となってしまいます
レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのはレーシックという最新医療