レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる

レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる



レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいるブログ:23 12 14


昨年末に、孫が生まれました。
かわいい!!とにかくかわいい!!

昔からよく、
息子よりも孫の方がかわいいとは聞いていましたが、
これほどかわいいと感じるとは思いませんでした。

しかし、
自分が息子を産んだ時も、当然かわいいと感じていたのです。
そりゃもうかわいくて、自分が命をかけて産んだ息子ですから、
かわいくないわけがない。
ではどうして、孫の方がかわいいと感じるのか?

自分が息子を産んだ時は、命をかけて産んでます。
ものすごいリスクを負って、
出産という一代イベントに望んでいるわけです。

10ヶ月間、様々な制約も受けました。
どうやって産み育てるのか?と、不安も乗り越えました。

言うなれば、大きな山を、
数々の困難を乗り越えながら
やっと頂上に辿り着いたようなものです。

さて、孫の場合ですが、
わたしはたいしたリスクは負っておりません。

めちゃくちゃ当たり前ですが、
わたしが妊娠しているわけではないので、行動になんの制約も受けません。
そしてムスメが出産するわけですから、
わたしの身体にはなんのリスクもありません。

にも関わらず、
リスクを負った息子の出産よりも、
なぜ孫がかわいいと感じるのか?

一般的には、
「責任がないから孫はかわいい」とよく言われます。

確かに、息子は産んでからが大変です。
「この子を幸せにしなきゃ」と思います。

息子を幸せにするのに、
親としての責任が出てくるわけで、
それがプレッシャーにもなると言われるわけです。

ところが孫ですと、育てるのは親ですから、
おばあちゃんは責任を感じる必要がなく、その分プレッシャーもないので、
単純にかわいいと感じる事ができるんですね。

フンガフフ
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる

レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる

★メニュー

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる
レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん
レーシックの費用をクリニック別で比較サイトで紹介されていますが、料金で選ぶのは後悔の元となってしまいます
レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのはレーシックという最新医療